用水の歴史

歴史を学ぶことは、今を知り、未来を創ること。

このページは、今の豊かな田畑と水、農作物があることに感謝をしながら用水の歴史に触れて頂きたいと思い作成いたしました。ぜひ、ご一読ください。

未来へ繋ぐ恵み

現在の袋井市・磐田市は静岡県を代表する穀倉地域です。

市町 水田(ha) 水田率(%)
1位 浜松市 2,640 20.5
2位 磐田市 2,360 50.8
3位 袋井市 2,350 67.9
4位 掛川市 2,180 39.9
5位 菊川市 1,120 35.6

出典:農林水産省ホームページ

昔の磐南平野(磐田用水の管轄でもある袋井・磐田・森地域)は、米作りには大変難しい土地や水路の形状でした。人々の何世紀にもわたる凄ましい苦労や尽力があったお陰で、今では天竜川の水を得て美味しいお米が収穫できるということを心に刻んでおかなくてはならないと思っています。この豊かな土地は、当たり前の話ではないのです。

現在の磐南平野

緊急のお知らせ

2019年04月16日

平成30年12月6日より実施されていた取水制限は平成31年4月16日12時をもって解除されました。
いわた用水緊急通水情報配信メール